一緒の引越し作業と思っても、運送屋さんにより「荷物用の紙製の箱の料金」、「リビングテーブルなどの大きな家具はどの程度空間を確保すべきか」等のルールはバラバラなので、それに応じて料金も変動してしまうのです。
住んでいる地域の引越しの相場が、大体分かったら、優先順位を満たしている第三希望ぐらいまでの会社に安くしてとお願いすることにより、想定外の相場以下の金額でOKになることも有り得るから、勇気を出して言ってみましょう。
引越し料金は市内なら案外安くなるかもしれませんよ。

引越し トラック05赤帽に依頼して引越したことのあるユーザーによると、「低い引越し料金なのは良いものの、粗雑な赤帽さんに依頼すると気分が悪くなる。」なんていう発言が広まっているようです。
この頃、割安な引越し単身パックも変化を遂げていて、様々な人の荷物量にマッチするように、1辺の長さに長短がある輸送箱を貸してもらえたり、遠く離れた転居先への運送でも問題ない商品も準備されています。

合わせて読みたい記事

トラックバック

このブログ記事に対するトラックバックURL:

コメント & トラックバック

コメントはまだありません。

Comment feed

コメントする

CAPTCHA